前へ
次へ

動物の学名ってなんであんなに意味不明なの?

青山の不動産の売買契約を締結する際には、通常は手付を支払います。手付とは、契約を結ぶに際し、当事者の一方から相手方に交付されるお金のことを言います。しかし、契約締結後にその契約を解除しようとする場合には、手付金を放棄することで解除することができます。一般に青山の不動産取引の場合には、それがどんな名目の手付であれ、解約手付としての性質を持っています。買い主が解約したいときにはこの手付を放棄し、売り主が解約したいときには手付を返し、更に同額のお金を支払うことで契約を解除できるものです。これを、「手付流し、倍返し」といいます。但し、手付の額があまりに高すぎると、解約手付としての目的を果たせなくなりますので、売買代金の1割程度が一般的です。

top用置換

top用置換2
Page Top